三聖病院の咲けない桜

2015/01/26

DSC00466

DSC00463

 
 ひたひたと、病院の建物の解体へ向けて、崩壊の足音が近づいています。今は、春の嵐の前の静けさのようなとき。
 病院の門を入ったところに、大きなソメイヨシノの木があります。ソメイヨシノは山桜に近い種のようで、春に花を咲かせてくれなければ、ただの雑木のように見えています。建物の解体が始まれば、出入り口近くにあるこの木は、まずは工事の通路を妨げる邪魔者になります。
 春は遠くはないのに、この木は切り倒されて、花を咲かせることはないでしょう。
 

DSC00492

 解体の前兆。

 

DSC00490

 様々な貴重品や資料は、難を逃れるため物置に押し込められた。地蔵様たちもこの中に閉じ込められたらしい。

 

DSC00482

 金魚たちはまだ生存している。別の池の鯉たちは行方不明。

 

DSC00486

 まだ落花しない一輪のバラ。

 

DSC00457

 1月25日(日曜)、玄関に十数人の履きものが並んでいる。

 終わったはずの院長の講話がまだおこなわれている。不思議な病院である。

 

DSC00473

 朽ちた木に過去の入院者によって、「希望」などと書かれたものが残っている。

 

DSC00501

 梅は寒苦に耐えて咲く。門の外の紅梅の木に蕾がふくらみつつある。

残されたものたち

2015/01/19

DSC00415

 北病棟(右側)と管理棟(左側にあるが、画面には写っていない)との間に中庭がある。まず目に付くのは、焼き物の狸。「一生を化け損じたる狸かな。」そんな焼き物としての狸の「露堂々(ろどうどう)」である。

 
 

DSC00413

 バラの花、最後の一輪。

 
 

DSC00388

 庭の奥に南国風の木がある。よく見れば大きな花と小さな果実をつけている。常夏の国ではないので、たわわにとはいかないが、バナナである。

 
 

DSC00440

 裏庭にワイルドストロベリーの最後の実がひとつ。

 
 

DSC00402

 中庭の小さな池に大きな金魚たちが力なく集まって動かない。

 診療最後の日に退院した修養生(入院患者さん)が自宅へ移して飼育することを考えたようだったが、実現は叶わなかった。

 
 

DSC00406

 退院できない地蔵様、ここにも三体(金魚たちの近く)。

 
 

DSC00427

 裏庭に、さらに六地蔵。敷地内に、全部で10体を越える地蔵尊が残っている。

 
 

DSC00423

 この異次元空間の中には、不思議な物がある。裏庭の最も目立たないところに未確認物体。

1月の三聖病院、夜の屋内

2015/01/19

DSC00361

 動線が交差する場所を作業室側から見る。左は管理棟、右は女子病棟、正面は中庭への出口。もう交差する人たちはいない。
 
 

DSC00360

 中は「作業室」(多目的室)。
 
 

DSC00328

 作業室には長年来2人の先生の肖像画が掲げられている(昭和27,28年頃に入院した桐村義治画伯によって描かれたもの)。
 
 

DSC00349

 作業室には大きな横額が架けられており、その下の小さな紙片に読み方が示されている。「言に謹み、しこうして行いに慎め。」
 前方は食堂。
 
 

DSC00358

 「食堂(じきどう)」の表示。
 禅寺では、禅堂、食堂(じきどう)、浴室は三黙堂と呼ばれ、そこでは談話や談笑が禁じられている。この病院では作業室が禅堂にあたる。
 
 

DSC00345

 「浴室」の入り口。
 
 

DSC00363

 外来と病棟の間の場所に、待合別室がある。
 
 

DSC00365

 待合別室の入り口の横には、禁煙日医宣言の貼り紙が見える。室内は暗闇。昼間でも薄暗い。
 あたかも病院の「シャドウ」のよう。

三聖病院の最後のお正月。

2015/01/13

DSC00309

最後の正月の玄関。

 
 

DSC00305

門の松も枯れてきた。

 
 

DSC00312

玄関に閉院のお知らせが残っている。

 
 

DSC00318

玄雄先生のさびしげな後ろ姿。

 
 

DSC00317

玄雄先生が鎮座まします台座の石には、「昭和三十二年六月二日 建之 三省曾」と彫られている。

 
 

DSC00316

まだ退院できない人たちがいる。

 
 

DSC00370

幽閉されたまま。

 
 

DSC00368

管理棟の一部に灯がついた。

 

京都森田療法研究所より、新年のご挨拶

2015/01/13

20141228_130826

 
 
 遅まきながら、新年のご挨拶を申し上げます。

 昨年は、京都でのPSYCAUSE国際学会の開催を引き受けたり、長年関わっている三聖病院の閉院に直面したりと、大きな任務や出来事を経験しました。これらの問題の総括はなお本年へと継続しますし、さらに新たな課題にも遭遇しそうです。

 

 本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 

主宰者 岡本重慶

研究員 一同  

協力者 一同  

 
 

♥      ♥      ♥      ♥      ♥      ♥

 
 

 昨秋PSYCAUSEの国際学会で京都に来たフランス人たちの中で、とりわけ日本文化に関心をもつ人物と、新たに知己になりました。ストラスブールに近いコルマールに在住する精神分析家の、Nyl ERB(ニル・エルブ)女史です。アルザス地方には、日本に親和性をもつ精神的風土が根付いているようです。20年くらい前、春にコルマールを訪れたことがありましたが、桜が満開だったのを憶えています。エルブ女史によると、コルマールには、アルザス・欧州日本学研究所があり、またストラスブール郊外には禅堂があるそうです。
 彼女とは個人的にメールで交流をしています。
 日本の元旦は雪でしたが、アルザスでは雪もなく、寒さの厳しくない年末年始だったそうです。
 冒頭に掲げた写真はエルブ女史から、新年へ向けての挨拶として送られてきた「赤いバラ」の写真です。もう一枚最後に掲げるのは、同時に送られてきた、暮れなずむアルザスの山々の写真です。

 

20141215_170916

 

三聖病院、最後の年の瀬

2015/01/13

26.1

閉院を翌日に控えた12月26日(金曜日)夜、診療最後の講話。その始まり。

 
 

26.2

 同、講話中。

 
 
 診療最後の講話の内容は、主に自己意識と他者意識についてでした。

 この週で診療を閉じても、診療としてでない講話を、今後もまだ無期限に続けるのだそうです。「これが自分だというものはない。そのことを保証するのが、私の役割。それも要らないのだけれど、してあげないと豪語をなさるので…」。院長は2回前の講話時にこのように言って、閉院後の診療外自主講話の無期限継続を予告しておられました。

 

 約90年に及ぶ診療は、12月27日(土)をもって幕を閉じました。

 以下の数枚の写真は、一部の職員は居残っていても、患者さんのいなくなった、年末の病院の姿です。
 
 
DSC00287

診療を閉じた翌週の病院、玄関を上がったところから前庭を見る。この年もあと1日。

 
 

DSC00285

病棟の方から、閉まった玄関を望む。

 
 

DSC00296

病棟2階の廊下。このへんには誰もいなくなって久しい。

 
 

DSC00291

病棟2階の第三十六号室は、森田正馬先生が宿泊なさる専用の部屋だった。
以後あまり使用せずに大切に残されてきた。この部屋も解体される運命にある。

 
 

DSC00288

第三十六号室の窓からの眺め。屋根ばかりだけれど、正馬先生が見たのと同じ風景である。右は万寿禅寺。

 
 

DSC00289

暮れゆく同じ風景。

 
 

DSC00297

夕方、病院の門灯ともる。

 

最後の1週間の院長講話

2014/12/26

1
12月21日(日曜日)午後(講話のはじまり)
 
2
12月21日(日曜日)午後(講話中)
 
3
12月24日(水曜日)夜(講話のはじまり)
 
4
12月24日(水曜日)夜(講話終了前)

 

 

※12月26日(金曜日)夜に、最後の講話がおこなわれます。

診療を閉じる三聖病院―その数日前のたたずまい―

2014/12/26

DSC00231 (800x532)

この写真を含め、以下7枚12月21日撮影

 
 
DSC00236 (533x800)
 
DSC00237 (800x533)
 
DSC00238 (800x533)
 
DSC00242 (533x800)
 
DSC00244 (533x800)
 
DSC00247 (800x533)
 
DSC00258 (800x533)

以下3枚12月22日撮影

 
 
DSC00259 (800x533)

病院の敷地の端に「東福寺境内」と彫られた小さな石碑が残っている。

 
DSC00260 (533x800)

宇佐玄雄先生の胸像

禅的修養生活における便所掃除の重要性

2014/12/26

 排池とその管理のいとなみは、日常生活において不可欠なものです。古来禅寺でも東司(とうす)と呼ばれている便所は、重要なお堂のひとつです。ちなみに、東福寺の東司は重要文化財になっています。
 共同生活において、皆が使用する便所を清潔に保つことは、とくに大切です。禅的森田療法の入院施設でも、便所掃除は修養的生活における重要な作業のひとつなのです。
 このような修養は入院生活でしかできない貴重な体験です。それが過去のものになろうとしています。
 
 

DSC00225 (477x640)
三聖病院における個室便所内の掲示(イラストは院長自身による)
 
 

DSC00229 (640x427)
先の掲示文の拡大

ウィリアムス・ジェイムズと森田正馬

2014/12/26

 森田正馬は「心身の関係」という文章の中で、素朴ながらウィリアムス・ジェイムズの説を引用しています。ジェイムズは、言うまでもなく、プラグマティズムの哲学の旗手であると共に、宗教心理学について論じた人としても知られるアメリカの哲学者、心理学者です。わが国の西田哲学や、ひいては森田理論に通じるものがあります。
 
 このたび、当研究所の客員研究員の高頭直樹教授が、パース、デューイ、ジェイムズから最新のプラグマティズム理論までを解説した定評あるプラグマティズム入門書を翻訳出版されました。プラグマティズムの哲学を学ぶには好適な書物ですので、お薦めしておきます。
 
 ジョン・マーフィ、リチャード・ローティ著、高頭直樹訳『プラグマティズム入門』勁草書房、2014年11月刊。
 
IMG_0001_NEW

10 / 12« 先頭...89101112